せっかくご飯を冷凍したのにまずいと感じることがありますね。
冷凍したご飯がまずい理由は冷凍の仕方と解凍の仕方が良くなかったことがあげられます。
まずご飯を凍らせる時、炊き立てをすぐに包むことが大切です。
食べて余ったものを凍らせてもすでにパサパサとし、風味も抜けているのでまずくなってしまいます。
ですので、必ず熱い状態でふんわりと包むようにしましょう。
ご飯の厚さを2㎝程度にしておくと、冷蔵庫の中でも上手に収納できますし解凍する時も、短時間で素早く行うことができます。

また、冷凍やけをしないようにラップで包んだらさらに収納バックに入れて保存すると良いでしょう。
解凍方法としては、一気に解凍してしまうと加熱ムラができてしまいまずい状態になってしまいます。
いくつか方法がありますが、常温でしばらく置いておくか、軽めにレンジにかけそのあとも何回かレンジにかけて様子を見ていく、というやり方があげられます。
常温で置いておいた場合、水滴が付くタイミングでレンジにかけます。
そうすることでふんわりとした美味しいご飯になることができます。
専用の容器で冷凍した場合は何回かレンジにかけることで美味しくなります。
レンジの性能にもよるので様子を見ながら行うと失敗が少ないです。

pict1

冷凍したご飯が硬いときはどうすればいいの?

ご飯を冷凍すると硬いしおいしくなくて苦手という人もいるのではないでしょうか?
ご飯を冷凍することは今や一般的です。やっている人もきっと多いでしょう。
食べたいときにレンジで温めてすぐに食卓に出せるのでとても便利ですね。

しかしどうしたらご飯をおいしく冷凍し、硬い食感を防げるのでしょうか?
ご飯を冷凍保存するときにはコツがあります。まず一番のポイントは炊き立てをすぐにラップに包むことです。
このとき専用のタッパーを使っても良いですね。
熱いうちに包むことでおいしさを逃しません。
熱いものにラップをかけるのに抵抗がある人もいるでしょうが、ここが大事なポイントです。
ここで冷ましてからラップにくるんでいる人もきっといますね。
それが原因で水分が飛んで硬いご飯になるのです。
ラップに包んだらそのまま冷めるまで置いておきます。

いきなり冷凍庫に入れないように。
冷めたら入れてください。
おいしく保存する方法はたったこれだけなのです。
熱いうちにラップに包むことと、冷めてから入れること。
この2つを注意しましょう。
そうすれば温めた時にふっくらした食感が楽しめます。
一度にたくさん炊いて小分けにして使えば、経済的にもお得ですね。
上手に保存しておいしく食べましょう。

pict2

冷凍ご飯の美味しい保存法ってあるの?

ご飯を多く炊いてしまった時など冷凍にすることがありますが、美味しい保存方法は何なのか気になることがありますね。
近年の炊飯器は大変性能が良くなったので、ある程度の時間は保温で美味しく食べることができますが、電気代が多くかかるなどのデメリットもあります。
ご飯は冷凍することができ、冷凍をうまく行うと美味しい状態のまま保存され、食べるときも炊き立てを味わうことができます。
ポイントとしてはご飯を押しつぶさない、お茶椀一杯分をラップに薄くのばして包む、熱い状態で包む、アルミホイルなどを利用して急速に冷凍するということがあげられます。
また解凍する時も美味しいご飯を食べるには、コツがあります。
まず常温でしばらく置いておきます。
冷凍のまま電子レンジにいれてしまうと加熱ムラができてしまうので注意しましょう。
目安としてはラップに水滴が付く状態です。

水滴が確認されたら、レンジで加熱をし始めます。
この時あまりにも加熱してしまうと美味しくならないので注意します。
解凍したら10分ほど蒸らしましょう。
そうすることでふっくらとしたご飯になります。
保温した場合パサパサしてしまうので、炊き立てを必ず凍らせるようにしましょう。

pict3

ご飯を冷凍するタイミングっていつ?

一人暮らしなどご飯が余ってしまったり、余分に炊いておいて冷凍したりしますが、どのタイミングで保存をしたらよいのかわからないことがありますね。
保温をしておくよりも光熱費がかからなく、いつでも解凍するだけで食べられるので、冷凍ご飯は便利です。
そのまま食べても良いですし、チャーハンや雑炊などにも利用することができる優れものでもあります。
美味しくご飯を冷凍するタイミングとしては、炊き立てのものをすぐに、ということが大切になります。
ご飯はでんぷんが主成分であるので時間がたつとパサパサしてしまったり、逆にべちゃっとしてしまったりします。

そのため冷凍する場合は保温していたものではなくて炊き立てのものの方が、解凍した時に味が変わってくるのです。
タイミングを逃さないためにも多めにご飯を炊いておいて、すぐに冷凍するようにしましょう。
ポイントとしては、熱い状態の時にラップに薄くのせ、ふんわりと包むということがあげられます。
ぎゅっとつぶしてしまうと加熱する際にムラができたり、塊になってしまい固くなるので、必ずふんわりと包むようにしましょう。
ラップで包んだ後アルミホイルでさらに包むと急速に冷やすことができ、風味を閉じ込めることができます。

pict4

熱い状態で保存しても大丈夫?

ご飯は冷凍するのが良いと言われていますが、熱い状態でも大丈夫なのか気になりますね。
美味しく冷凍するには、炊き立ての熱い状態のご飯をすぐにラップに包むのがポイントです。
時間がたてばたつほどパサパサとしてしまうので注意です。
また、必ず一人分のご飯を冷凍することが大切です。
一人分にしておくと無駄になることもないですし、加熱ムラを防ぐことができます。
ラップをする時はふんわりと優しく包むようにしましょう。
薄くしたいからといってつぶしてしまうと美味しい状態で保存できなくなってしまいます。

おおよそ2㎝ぐらいの厚さであると、冷凍庫にも保存しやすくなりますね。
なお、急速に冷やすことが大切であるので、アルミトレーを利用してその上に置いて冷凍庫に入れると良いでしょう。
アルミトレーがない場合はアルミホイルをしいてその上に置いても大丈夫です。
また、熱い状態でご飯を入れてしまうと他の食品が傷んでしまうことがあるので、少し冷ましてから入れるなど扱いに気を付けましょう。
ご飯はおおよそ1か月を目安に食べ切りましょう。
3日を過ぎた頃から徐々に味が落ちてしまうので、美味しい状態で食べたい場合はできるだけ早く食べるようにします。

pict5

ご飯を美味しく食べる

冷凍の仕方を工夫することで、美味しいご飯を食べることもできるということです。
美味しいご飯はそれだけで幸せを感じる事が出来る場合もあるほど素晴らしいものですが、食べ過ぎないように気をつけなくてはいけませんね。
太るかもしれないからです。もちろん、太りたいならいくつか方法はあるわけですが、実は太りたいけれども、全然太れないという人もいっぱいいます。
もしあなたがそういったことで悩んでいるなら、こちらのサイトの情報がおすすめです。